So-net無料ブログ作成

ラッキーセブン キスマイ 【動画】「北品川ラッキー探偵社」松本潤

ラッキーセブン キスマイ 動画



ラッキーセブン キスマイ 動画

概要[編集]

東京・北品川の小さな探偵事務所「北品川ラッキー探偵社」を舞台とした青春群像劇。探偵事務所の7人のメンバーが、チームワークで案件を解決していく姿を描く。恋愛ものが中心だったこれまでの月9枠としては異例の取り組みであるのが特徴である。

主演の松本は2012年(平成24年)1月3日放送のフジテレビ系新春ドラマ『もう誘拐なんてしない』に、本作の時多駿太郎役で友情出演した。

キャッチコピーは「恋人より、家族より、仲間じゃないか?」。

あらすじ[編集]

自由人を自称するフリーター・時多駿太郎は、ふとした事件から「ラッキー探偵社」の新田輝、そして社長の藤崎瞳子と出会い、新入社員として働く事になり、事件の切っ掛けとなった新田と反発しながらも他のメンバーと事件を重ねるごとに交流を深めていく。 ストーリー中盤で新田は「ラッキー探偵社」を辞める事になるが、実は「ラッキー探偵社」の設立理由は瞳子の父・眞人の死と関係があり、それは警察上層部も巻き込んだ大規模な事件であり、新田の辞職の切っ掛けとなった偽装浮気事件が事件解明に関係していた事が明らかになる。 「眞人の死」を巡り、瞳子と筑紫が職を辞してまで追い求めていた鍵となる「手帳」の争奪戦の中盤から、辞職後に密かに事件を調査していた新田を加え、メンバー全員による事件解明に挑む。

登場人物[編集]

北品川ラッキー探偵社[編集]
時多 駿太郎演 - 松本潤(嵐)ラッキー探偵社の新人探偵。元々は“自由人”を自称したフリーターで、気ままに生活していたが、ラッキー探偵社の探偵達に人妻との密会現場を撮られて不倫関係が破綻したことに怒り、新田を追って入ったラッキー探偵社で瞳子にスカウトされ探偵として働くことになる。輝には及ばないが、身体能力はかなり高く格闘術もある程度使え、足が速い。格闘術も新田に紹介されたジムに通うことで、回を重ねるごとに向上している。女性に関する観察眼は高く、女性の扱いには絶対の自信を持つ。調子がよくノリも軽いが、正義感が強く目の前の困った人を放っておけない情の厚さも持ち合わせている。前述のように“自由人”を自称するだけに自分の気持ちを主体に行動する。新田 輝演 - 瑛太ラッキー探偵社のキャリア8年目の探偵。クールな性格で、仕事中は常に飄々として余裕の態度を崩さない。格闘技に優れ、本気を出していない時でも回し蹴り一発で相手を倒してしまうほどの実力である。東都大学理学部生物化学科中退の経歴を持ち、以前は植木屋だったという。父親が会社の社長であるという金持ちで、親の決めたレールの上で生きていたが、大学時代に探偵になることを志したことから両親とは絶縁状態にある。駿太郎とは折り合いが悪く、互いを「猿(輝)」「犬(駿太郎)」と罵り合い喧嘩が絶えないが、共にいるにつれ次第に信頼関係を築くようになっていく。偽りの浮気調査依頼の陰謀に嵌められ警察に追われる身となり、自身も皆を巻き込ませないために行方を晦ましたが、駿太郎ら探偵社のメンバーの尽力によって無実が証明された。この一件を境に父親の会社を継ぐ決心を理由にラッキー探偵社を去るが、実際は自分が巻き込まれた一件が16年前の瞳子の父親の事件が関わっていたことを知り、独自に調査をしていた。16年前の事件と関わる問題を機に駿太郎達と合流し、ラッキー探偵社に戻る。上述の通り格闘術に優れているものの足元が弱く、足元を狙われると防御が手薄となる。植物の苔を育てており(名前はコケ丸)、辞職してラッキー探偵社を去る際に駿太郎にコケ丸の世話を頼む。しかし、駿太郎がまともに水やりをしなかったために枯れてしまい、ラッキー探偵社に戻った際には深い悲しみを表していた。その後は2代目を育てている模様。水野 飛鳥演 - 仲里依紗ラッキー探偵社の女探偵。サバサバとした性格で、よく淳平のボケにツッコミを入れたり、あしらったりしている。容姿と演技力に優れ、潜入工作を得意とする。ペット・大二郎を溺愛している愛犬家で、大二郎を「犬」と呼ばれることを嫌う。自分より強い男性に守られたい願望があるが、基本的に男性の短慮な言動をあきれ気味にみる傾向がある。俳優の祐希守のファンだが、彼の演じる真壁リュウには全く興味を示さない。料理は一応作れるものの、見た目が雑。旭 淳平演 - 大泉洋ラッキー探偵社のキャリア12年目のベテラン探偵でチーフ。別の大手探偵事務所にいたところを引き抜かれた。駿太郎の教育係を任されている。普段は後輩達にぞんざいな態度を取られるなどひょうきんな言動が目立つが、ここぞという時に探偵としての腕を見せることもある。そんな見た目に反して腕っぷしは強い。犬が苦手。女性に縁がなく、調査中に女性へアプローチを仕掛けても駿太郎や新田にとられてしまう。また北品川警察署の由貴に好意を寄せ、時には駿太郎に手ほどきを受けるもその仲はなかなか進展しない。筑紫 昌義演 - 角野卓造ラッキー探偵社で総務・経理・営業・瞳子への連絡係を担当。元刑事という経歴を持ち、瞳子と共にラッキー探偵社を開設した古参のメンバーでもある。普段は黙々と仕事を熟しているが、しばしば、駿太郎たちのノリに巻き込まれる。茅野 メイ演 - 入来茉里ラッキー探偵社事務員。平時ローテンションな地味目の女性。探偵達のバックアップを担当し、機械や理科系方面の知識に精通している。藤崎 瞳子演 - 松嶋菜々子ラッキー探偵社社長。16年前の父の死の真相を探るために筑紫と共にラッキー探偵社を開設する。普段は事務所にいないことが多いが、要所で駿太郎達の行動の指針となる言葉を送り、案件解決に導いていく。格闘術に優れているのか、敵から筑紫や駿太郎を回し蹴りで救ったこともある。
警視庁北品川警察署[編集]
桐原 由貴演 - 吹石一恵警部補。気弱で淑やかに見えるが、基本的に尖った性格。淳平に好意を寄せられているが、そっけない態度であしらう。武術に長けている。ラッキー探偵社の自由な立場で調査するところを羨ましく感じており、彼らの言葉に心を動かされることもある。後藤 将司演 - 金田明夫警部。
時多家[編集]
時多 百合子演 - 岡江久美子駿太郎の母親。時多 孝次郎演 - 小山慶一郎(NEWS)駿太郎の弟。時多 翔太演 - 後藤奏佑人孝次郎の息子。『私立探偵★真壁リュウ』のファンで探偵に憧れている。
その他[編集]
祐希 守 / 真壁 リュウ演 - 谷原章介テレビドラマ『私立探偵★真壁リュウ』の主人公の私立探偵・真壁リュウを演じる俳優。普段は無理難題なワガママでマネージャーやスタッフを振り回し、妻からも離婚を迫られている傍若無人な人物でネガティブな性格。脅迫文が送られ困っている時、偶然通りがかった駿太郎に解決を依頼する。『私立探偵★真壁リュウ』は18年間続いている人気シリーズであり、現在シーズン7を放送している。
ゲスト[編集]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0